Wilcomの刺繍ソフト販売・サポートについて

マニュアルパンチとオートパンチの違いとは?

マニュアルパンチ刺繍ソフト
やまもと
やまもと

こんにちは。糸の帆(itonoho)のやまもとです。

ここでは「マニュアルパンチ」と「オートパンチ」の違いを解説します。

どちらの手法で刺繍データを作るのかは人それぞれですが、両者の特性を生かしつつ状況に応じて使い分けるのがベストでしょう。

マニュアルパンチとオートパンチの違い

刺繍ソフトを使ったステッチの生成方法は、広義でいえば2パターンあります。それが「マニュアルパンチ」と「オートパンチ」です。

簡単にいうと文字通り「手動」か「自動」かの違いですね。

  • マニュアルパンチ・・・手動でステッチを生成する手法
  • オートパンチ・・・自動でステッチを生成する手法

マニュアルパンチの特徴

刺しゅうPRO マニュアルパンチ
刺しゅうPRO マニュアルパンチツール
マニュアルパンチの特徴
  • 従来からある方法で玄人好み
  • ステッチ数の多いものは作成に時間がかかる
  • 自由自在に作成できるが知識も必要
  • 画像編集スキルは必要ない

マニュアルパンチは文字通り人が手動でデータを作る手法。ただし、一点一点ステッチを作っていくわけではありません。

もちろん昔からある手法(本来のマニュアルパンチ?)で針を打つ場所を一点一点指定しても良いのですが、それだと膨大な時間がかかりますよね。ですからある程度の範囲ごとにデータを作っていくのが一般的。

ちなみに、ステッチの間隔等はソフトが自動で判断して適度にバランスを取ってくれます。そこから自分なりに調整することも可能です。

マニュアルパンチのメリットは、何といっても自分が思うようにデザインできるところ。

ステッチ角度も自在に調整できますし、生地の伸び縮みを考慮して細かく補正するといったテクニックも活用できます。

その反面、データ作りには時間を要しますし、知識がないとかえって汚いデータとなる可能性もあります。例えば糸切回数を少なくする手順など基本スキルが必要。そういった意味では玄人好みの手法かもしれません。

オートパンチの特徴

オートパンチの特徴
  • 初心者でも簡単に作成できる
  • 出来栄えは読み込むデザインや刺繍ソフトの能力により差が出る
  • 自動変換は一瞬だが事前準備も必要
  • 画像編集スキルがあると良い

オートパンチは、自分で書いたイラストや拾い画像を自動で刺繍データに変換する手法。デザインソフトで作成したデータだけでなく、ワードで作った図案やデジカメで撮った写真なども瞬時に変換することができます。

ある意味、趣味で刺繍を楽しみたいという方にとっては、最も望まれる手法かもしれませんね。

ただし、自動変換自体は一瞬ですが、一発で最適な刺繍データに変換できるとは限りません。丸や四角の単色ベタ塗りなら簡単ですが、複雑なイラストになるほど粗さが出てきます。

ですから、事前に読み込みやすいイラストデータにしておくことが必要。

私の場合は「Illustrator」「Photoshop」「CorelDRAW」といったデザインソフトを使って、事前に少しでも読み込みやすく、かつ編集しやすいデータに調整しています。

また、オートパンチの精度は使っている刺繍ソフトによっても大きく差が出ます。

私自信「刺しゅうプロ」から始め「Wilcom ESデザイニング」に移行した経緯がありますが、やはりオートパンチの機能一つをとっても金額相応の性能差を感じます。

マニュアルパンチとオートパンチの使い分けについて

どちらを使うかはユーザーによって好みが分かれるところ。話を聞くと、どちらか一方しか使ったことがない方もいらっしゃるほどで、偏って使用されている印象も受けます。

昔から刺繍をやっている方は、今でもマニュアルパンチ一択という方が多いみたい。

サテンやタタミなど、プロは生地質を見ながら向きやピッチを調整します。ですから自由にコントロールできるマニュアルパンチがベストというわけですね。

もちろん知識があってこそですが、より美しい刺繍をするためには欠かせないスキルです。

とはいえ、刺繍ソフトを使うならオートパンチ(自動変換)を活かさない手はありません。

もともとはマニュアルパンチによるデータ作成法しかありませんでしたが、刺繍ソフトの進化に伴いオートパンチが生まれたという背景もあります。

高価なソフトになるとオートパンチ後に細かいステッチ調整も可能ですし、技術もどんどん進歩しています。一発変換が可能かどうかは別としても、今後は「デザインソフトで素材編集→刺繍ソフトで自動変換→細かいマニュアル調整」という使い方が主流となるでしょう。

コメント