Wilcomの刺繍ソフト販売・サポートについて

刺繍ミシン針の種類と選び方!交換時期の目安も合わせて紹介

刺繍ミシン針刺繍の設備・材料
やまもと
やまもと

こんにちは。糸の帆(itonoho)のやまもとです。

刺繍ミシンにおいて針の役割は重要です。

「針を変えたら上手くいった」というケースや、逆に「針を変えたら縫えなくなった」という話はよく聞きます。使用する糸の太さによって交換するのはもちろん、場合によっては生地質に合わせて変えることも…。

ここではそんな刺繍ミシン針の種類と選び方をご紹介します。

使える針の種類を知ろう

刺繍ミシン・刺繍機にはもともと針が付属していますよね。マニュアルにも推奨針が記載されているので基本的にはその通りに選べば良いでしょう。

とはいえ、針を変えることで不具合が解消されることもあるので、ある程度の種類は把握されておくことをおすすめします。

家庭用針(HA)と工業用針(DB)の2種類

刺繍用ミシン針

まず大前提として、ミシン針は「家庭用針(HA)」と「工業用針(DB)」の2種類に分けられます。糸の場合、家庭用と工業用は流用出来ますが、針は形状も違い互換性がないので気を付けましょう。

大まかな区分は下記の通りです。(詳細はマニュアルをご覧ください)

  • 家庭用刺繍ミシン・・・家庭用針
  • 職業用刺繍機・・・工業用針(一部家庭用あり)
  • 工業用刺繍機・・・工業用針

針のメーカーと番手の互換性について

ちなみに、ミシン針にも複数のメーカーが存在します。

日本では「オルガン」がメジャーですが、ベルニナやハスクバーナではドイツの「シュメッツ」を純正採用するケースが多いです。工業用では「グロッツ・ベッケルト」も有名ですね。

基本、互換はあると認識していますが、自動糸通しなどの関係で注意を促しているケースもあるので要注意。特に家庭用では指定メーカを使うのが無難かもしれません。

糸番手(デニール)針番手(日本)針番手(ドイツ)
75(細い)#9~10#65~70
120#10~11#70~75
200(太い)#11~14#75~90

「家庭用ミシン針」と「工業用ミシン針」の特徴

それでは家庭用ミシン針と工業用ミシン針の特徴を簡単に見てみましょう。

いくつか具体例もあわせてご紹介します。

家庭用刺繍ミシン針

家庭用ミシン針

家庭用刺繍ミシンユーザーの場合は、多くがポリエステルの推奨刺繍糸を使っていることと思います。

そうなると糸の太さも限られてきますので、そんなに針を変更することも無いかも知れません。

使用できる針は縫製用と同じく「HA×1」が基本。

刺繍ミシンは生地が360°全方向に動くため、針にかかるストレスも縫製ミシンとは異なります。その為目飛びや糸切れがしにくい形状の専用針が用意されています。

具体的にはより繊細な糸でも切れたり解れたりしないように穴の大きさや形状が工夫されています。

私の例で言えば、ブラザーの刺繍ミシンでしたが、刺繍専用針の「HA×1EB」をメインに使っていました。番手は細糸の時は#11、普通糸の時は生地厚も見ながら、#11か14で使い分ける感じ。ニットの時にはSPの方がしっくりくる場合もあります。

またブラザー職業用刺繍機ユーザーの方は、専用のHA×130EBBRを使用している方が多いでしょう。

こちらには同タイプのチタンコーティング仕様もあります。硬い生地を使う方や、良く折れて困っている方は試してみてください。

家庭用刺繍ミシン針の例
  • HA×1
  • HA×1EB(刺繍用)標準よりも先端が丸く針穴が大きい
  • HA×1SP(ニット用)標準よりも先端が丸く、えぐりが大きい
  • HA×130EBBR(ブラザー職業用推奨針)
  • 130/705 H-SUK シュメッツニット刺繍用
  • 130/705 H-E シュメッツ刺繍用

工業用刺繍ミシン針

工業用ミシン針

工業用針の場合は、種類も豊富です。

刺繍糸も太さだけでなく、レーヨンやカタン糸を使ったり、レザーのような厚い素材に刺繍する場合もあるのでいろいろな針を試すと良いでしょう。

家庭用刺繍ミシン針の例
  • DB×K5(刺繍用)標準よりも針穴が横方向に大きい
  • DB×1KN(ニット用)標準よりも先端が丸く、えぐりが大きい
  • DB×K23(ステッチ用)上記の2つを合体したタイプ
  • DB ×K5 Z1(タジマとオルガンとが共同開発した刺繍針)
  • DB ×K5 Z1-NY(上記で強度が増したタイプ)

針交換の注意点とおすすめアイテム

ちなみに蛇足かも知れませんが注意点をひとつ。

たまに「針を変えたら刺繍が出来なくなった」というケースがあるそうですが、ほとんどは針の付け方が逆なことが多いようです。工業用針の場合、「溝は手前、えぐりが後ろ側」が正解ですが、違いが判らない方も多いかも知れませんね。

えぐりは上糸と下糸を絡ませるためのループを作る大切な機能があります。つまり釜の方を向いていないと意味がありません。

針交換の際は、定位置まで入れてしっかりビスを止める。そして向きを間違えないように取り付けしましょう。

方向チェッカー

ちなみに針の向きを正確に測るためには「方向チェッカー」を使うのがおすすめです。

刺繍ミシン針の交換時期について

工業用ミシン針

最後に刺繍ミシン針の交換時期についてまとめておきます。

コストもあるのでどれが正解とは断言できないのですが、間違っても折れるまで使い続けて良いものではありません。

ミシンは複雑な構造をしていますが、最終的には針と回転釜の2つのパーツによって糸が通される仕組み。何れも品質に影響する重要な役割を担う繊細な部品です。

針の曲がりは出来栄えのみではなく、例えば釜に傷がついたり剣先がへたるなど、結果的に交換費用が嵩んでしまうケースに発展する恐れもあります。たとえ見た目は曲がっていなくても、摩耗するパーツなのでいずれも定期的に交換した方が無難でしょう。

ちなみに業務用刺繍ミシンになると交換時期をサポートしてくれる機能もあります。「この針だけエラーが多いので何か不具合が無いですか?」といった親切な警告です。家庭用刺繍ミシンは1本針しかないのでこういった比較は難しいですけどね…。

推奨する交換タイミングは、使用条件にもよるので「10時間」や「1か月」など目安を記すのは難しいですが、出来栄えに異常を感じたら、まず上糸と下糸を交換し、針も変えるというのがセオリーになります。

また、家庭用刺繍ミシンの場合は、購入時のテストサンプルを残しておくことを強くおすすめします。

コメント