Wilcomの刺繍ソフト販売・サポートについて

刺繍ソフトを動かすために必要なパソコンスペックについて

パソコン刺繍ソフト
やまもと
やまもと

こんにちは。糸の帆(itonoho)のやまもとです。

ここでは刺繍ソフトに必要なパソコンのスペックについてご紹介。

もしかしたら今お持ちのパソコンではスペックが足りないかもしれません。これから購入されるという方も、あらかじめ推奨環境を確認しておくことをおすすめします。

刺繍ソフトをインストールする時の注意点

ウィルコム 刺繍ソフト

有料のパッケージ品を購入する場合、インストールについてはそれほど難しくないと思います。ただ、どんなソフトにも共通して言えることですが、パソコンとの相性によりつまずく可能性がゼロとは言い切れません。

特に刺繍ソフトは海外品が大半のため不安な方も多いでしょう。

ちなみにウィルコム、ベルニナ、コンピュコンなどは何れも日本法人/代理店もあるので持ち込みやリモートでも対応可能だそうです。

また、パソコンについてはソフトにより推奨環境が異なります。

最近のソフトは「USBドングル」や「キーナンバー」で認識しますが、インストールできるPC台数に制限がある場合もあるので、失敗しないためにも事前にスペックを確認しておきましょう。

刺繍ソフトを動かすために必要なパソコンスペック

パソコン

それでは有名な刺繍ソフトに必要なパソコンスペックを見てみましょう。

高価なソフトになるほど必要スペックも高くなる傾向にあります。

刺しゅうプロ11

まずは日本で最も売れている刺繍ソフトであるブラザーの「刺しゅうプロ11」の必要スペック。

下記はマニュアルより引用したものです。

 動作推奨環境
OS日本語Microsoft Windwos 8.1 / 10 (32または64ビット)
※ 自作のパソコンの場合、正しく動作しないことがあります。
CPU1GHz以上
メモリ1GB以上
ディスプレーXGA(1024 × 768)の解像度で、High Color(16 ビット)表示以上が必要(True Color 推奨)

見ての通り、格段高性能なパソコンは必要ありません。

私もこの前のバージョン(next)を何台かにインストールしていますが、パソコンのスペックが原因で動作が不安定になったことは一度もありません。

アーティスティックデジタイザー

続いて、ジャノメより提供されている「アーティスティックデジタイザー」についてのマニュアル引用です。

 動作推奨環境
OSWindows 7、Windows 8、Windows 10(最新のService Pack)
macOS 最新および以前のバージョン(本ソフトウェア発売日参照)
CPUIntel Core 2 Duo, Core i3/i5/i7 or AMD Athlon X2, FX series, ASeries,Athlon X4, Ryzen 3/5/7
メモリ4 GB
グラフィックカード3D DirectX 9.0c 1GB RAM 以上、32ビットカラー (Windows のみ)
画面解像度1366 x 768

こちらの最大の特徴は「macOS」に直接インストールできることですね。(macOSに対応していない刺繍ソフトは多いです)

また、データ変換などに力を入れていることもあり、グラフィックカードの使用が推奨されています。

メモリ4GBなどそこまでのスペックは要求されていませんが、安価なパソコンをお持ちの方は注意した方が良さそうです。

※ちなみにこちらは自己評価しておりませんので確認はできておりません。

wilcom EmbroideryStudio、e4

下記はwilcom EmbroideryStudio、e4のマニュアルからの引用です。

こちらの場合は、最低必要環境と推奨環境に分かれて記載されています。

 必要環境推奨環境
OS最新のアップデートとサービスパック を適用した Microsoft Windows 10 (64 ビット版 )最新のアップデートとサービスパックを適用した Microsoft Windows 10 (64 ビット版 )
CPUIntel® Core i3 または AMD Athlon ™ FX-60最新のIntel Core i7 プロセッサ(3.2GHz +)
メモリ8GB16 GB またはそれ以上
ハードディスクサイズ80GB256GB またはそれ以上(ソリッドステートドライブ)
グラフィックカードハイカラー (32 ビット ) 、 1600×900 の解像度をサポートハイカラー (32 ビット ) 、 1920×1080 またはそれ以上の解像度をサポート 2GB またはそれ以上の専用のグラフィックメモリ
モニター1600×900 画面解像度1920×1080 画面解像度で 2 モニター可 能

こちらはプロ向けにふさわしく、完全なクリエイティブ仕様ですね。

パソコンに詳しくない方のために少し補足しますと、パソコンは構成により値段が数倍変わってきます。これは「仕事に使うならちゃんとしたものを、プライベートなら安くても良いよね・・」といった感覚とも少し違うんですよね。

例えば仕事で使うにしても、エクセルやワード、web検索、メールをする程度であれば、大したスペックは必要ではありません。

一方、遊びといえど動画編集やゲームを楽しむには高性能なパソコンが必要となります。

刺繍ソフトの場合も、高度になるほど複雑で重い処理が必要となりますので、高性能なシステムが必要となるわけです。

特にIllustratorやPhotoshopなどと併用して使用する方も多いと思いますので尚更ですね。

実際私も上記ソフトについて、Core i5、メモリ4G、グラボ無し、HDDの条件で試したことがありますが、やはり重い処理の時には固まってしまいました。作業途中でソフトが落ちることも…。

開発関係者のお話によると付属のコーレルドローもかなり重たいようです。

Core i7、メモリ16G、グラボあり、SSDですとサクサク動きましたので、これから購入する方のために付け加えれば、目安としてBTOパソコンで18万円くらい予算があると安心ですね。

コメント