Wilcomの刺繍ソフト販売・サポートについて

ミシン刺繍のほつれ止めテクニック!糸切り回数を少なくするコツとは?

ほつれ止め刺繍ソフト
やまもと
やまもと

こんにちは。糸の帆(itonoho)のやまもとです。

ここではミシン刺繍のほつれ止めテクニックを紹介します。

糸がほつれないために必要ですが、使い方によっては見栄えが悪くなることも少なくありません。刺繍データを作る際は注意が必要。

上手にほつれ止めを扱うコツをまとめました。

ミシン刺繍のほつれ止め

ミシン刺繍のほつれ止めは、縫製と同じく「止め縫い」と「返し縫い」が基本です。

  • 止め縫い・・・同じ場所でステッチを重ねほつれを防ぐ
  • 返し縫い・・・場所を変えてステッチを重ねほつれを防ぐ

ほつれ止めは刺繍データを作る際に設定しますが、ちょっとした工夫で見栄えに差が出ます。高機能な刺繍ソフトには、ほつれ止めステッチが数パターン用意されていたりもしますね。

ちなみに刺繍機によっては、データの設定とは別に、機械側でほつれ止めを行う機能もあります。糸替えのスタートとエンドに自動的にほつれ止めを入れてくれる便利な機能です。

ただしその場合、「刺繍データ」と「刺繍機」で2重にほつれ止めをすることになってしまうので、どちらか一方に統一することをおすすめします。ダメではありませんが、ほつれ止めのしすぎは見栄えが悪くなりますからね…。

デザインごとに細かく設定したいなら、刺繍データ側で設定しておくのが良いでしょう。私も刺繍機側の設定はOFFにしてます。

ほつれ止めを上手く扱うコツ

ここからはほつれ止めを上手く扱うコツを見ていきましょう。

刺繍データ作りの参考にしてみてください。

「縫い始め」と「縫い終わり」の位置を考える

サテン ランニングステッチ
左:いきなりサテン 右:ランニング→サテン

プロはほつれ止めを意識しながら刺繍データを作ります。

例えば、いきなりサテンに入らずにランニングから入ったり。ほつれ止めする箇所はステッチが重なる分、他の箇所と同じように縫うとどうしても違和感がでますからね。

また、刺繍ソフトは「縫い始め」と「縫い終わり」の位置が調整できるようになっています。手動で変更も出来ますし、渡り糸を減らすように最適化することも可能です。

縫い始めと縫い終わりの最適化
「縫い始め」と「縫い終わり」の最適化

多くの場合、開始点はデザインの内側に持ってきます。実際は下縫いもするので、縫い始めは止め縫いをせず、あとから埋め縫いで踏むのもOK。

上手く位置調整して、ほつれ止めが目立たないように工夫しましょう。

糸切りの回数を減らす

先ほど軽く触れましたが、ほつれ止めの多用はデザインの見栄えに影響します。必要以上に使わないのもコツと言えるでしょう。

そこで重要なのが糸切り回数を減らすこと。

例えるなら一筆書きのようなイメージです。糸切りがなければ、ほつれ止めの回数は最小限で済みますし、その分ほつれる可能性も下がります。

糸切りが複数あるデータは、繋げられる箇所がないか探してみましょう。特にあとから埋め縫いで隠れる場所は、つなぎ糸(ランニング)を使用して糸切りを減らすのが賢明です。

つなぎ糸
つなぎ糸

文字を刺繍する場合も同じです。

例えば「愛」という文字。画数は13画もありますが、刺繍の場合は一回も糸切りすることなく作れます。

文字刺繍の渡り糸
左:糸切りなし 右:糸切りあり

左が糸切りなしで繋げた例。これならほつれ止めは最後の一回でOKです。

大きな刺繍だと赤丸のつなぎ糸が気になるかもしれませんが、そうなった時にはほつれ止めを入れて糸切りします。これに関してはどちらが正解とかはないです。ブランド品などは概ね1ミリ以下に設定されますが、なかには4ミリ以上の渡り糸でも残す業者さんもあります。

渡り糸についての処理パターン
  • そのまま残す
  • 後からハサミでカットする(ほつれ止め必要)
  • ミシンでカットする(ほつれ止め必要)

ちなみに実際に刺繍すると、こんな感じのシミュレーションになります。

左:糸切りなし 右:糸切りあり

プロの作った刺繍は裏面も綺麗ですが、ステッチのバランスだけでなく、こうした糸切りを少なくする工夫もされています。

コメント