Wilcomの刺繍ソフト販売・サポートについて

モコモコの刺繍ってミシンで作れるの?サガラ刺繍機について

サガラ刺繍ワッペン刺繍ミシン
やまもと
やまもと

こんにちは。糸の帆(itonoho)のやまもとです。

表面がモコモコの刺繍ってありますよね。タオル地のようにふわふわした特殊な刺繍です。

サガラ刺繍といって、手刺繍とミシン刺繍のどちらでも作れますが、ミシンの場合は特殊な専用機が必要。興味がある方は参考にしてみてください。

モコモコ刺繍の作り方【サガラ刺繍】

サガラ刺繍ワッペン

「もこもこ」とか「ふわふわ」とか見た目で呼ばれることも多いですが、正確には「サガラ(相良)刺繍」です。(別名:ハンドル刺繍、パイル刺繍)

古くからある技法で手刺繍でも作れます。いろいろなやり方があるみたいですが、「フリーステッチングニードル」が簡単に始められそう。

一方、ミシンでやる場合は「手ハンドルミシン」や「サガラ刺繍機」といった専用機が必要です。ちなみに手ハンドルミシンはこちら。

他社様の動画ですが、刺繍でいうところの横振りミシンのようなイメージでしょうか。ご覧の通り手動で操作するタイプのミシン。相当難しそうです…。

サガラ刺繍機とは

タジマ TCMX-601
タジマ TCMX-601

そしてこれが進化したサガラ刺繍機。通常の刺繍ミシン・刺繍機のように、データをもとに自動で作ってくれるタイプです。ちなみにこちらは、タジマの「TCMX-601」というモデルで、以前お邪魔したEODさんで撮影させてもらったものになります。

随分スッキリした見た目。いつも見慣れた刺繍機とは全く違う形状ですね。

ちなみに糸はどこにセットするのかと思ったら下にありました。

タジマ TCMX-601
タジマ TCMX-601

上糸と下糸を絡ませるのではなく、下からすくい上げた糸をループ状にする仕掛けになっているようです。

こちらはチェーンステッチとループ状のサガラを作る「環縫い刺繍機」ですが、タジマさんのカタログでは、本縫いもできるミックス機など複数のモデルがあります。

コメント