Wilcomの刺繍ソフト販売・サポートについて

おすすめ刺繍ミシンまとめ!ブラザー~タジマまで用途に応じて紹介

刺繍ミシン刺繍ミシン
やまもと
やまもと

こんにちは。糸の帆(itonoho)のやまもとです。

おすすめ刺繍ミシンをまとめました。

ミシン刺繍を始める目的を下記の3パターンに分け、それぞれにおすすめの機種をご紹介します。

  1. 生地に刺繍をして小物を作りたい・・家庭用刺繍ミシン
  2. 完成品への刺繍やネット販売もしてみたい・・・職業用刺繍機
  3. いろんな刺繍製品を量産したい・・・工業用刺繍機

例えば「趣味向けの刺繍ミシン」と「業務用の刺繍機」では作っているメーカーも違いますし、もちろん価格にも大きな差があります。

ぜひ刺繍ミシン選びの参考にしてみてください。

刺繍ミシンはメーカーこそ少ないものの、バリエーションは多岐にわたり用意されています。下記にピックアップした商品はあくまで一例です。実店舗でしか買えないモデルなどもあります。

1、おすすめの刺繍ミシン(家庭用)

まずは趣味でミシン刺繍を始めたい方におすすめの機種からご紹介。

このクラスはどれも縫製ミシンの延長であり、皆さんにとってもお馴染みのメーカーが並びます。

趣味で始めたい方向けの刺繍ミシン
  • Brother(ブラザー)
  • Janome(ジャノメ)
  • Singer(シンガー)
  • Bernina(ベルニナ)
  • Husquarna(ハスクバーナー)
  • Elna(エルナ)

縫製ミシンで有名な「JUKI」や「ジャガー」にも刺繍ミシンのラインナップはありましたが、今は縮小されていて「ブラザー」か「ジャノメ」のどちらかより選ばれる方が多いです。

「ハスクバーナー」はベビーロックで取り扱いがあります。

今回、家庭用のおすすめ刺繍ミシンとしてピックアップさせていただくのは「ブラザー」と「ジャノメ」の2つです。

ブラザーの刺繍ミシン(家庭用)

まずは「ブラザー」から。

ブラザーは、220万円(税込み)という高額家庭用ミシンをラインナップに加えたことでも話題になりましたが、国内刺繍ミシンにおいては最も力を入れている1社です。全国各地に販売店を持ち、そうした強みを生かして顧客の声を取り込みながら商品開発を続けてきました。

ディズニーキャラクターなど豊富な刺繍データを内蔵したのもそれらを反映してのことでしょう。他にも多くの刺繍データを販売しています。

また、オリジナル刺繍を楽しみたい方向けに「刺しゅうプロ」というソフトを用意するなど、様々な顧客ニーズに応じた選択肢を与えています。

ラインナップ

ちなみにこちらが現行モデルのラインナップ。

金額は比較用として載せていますが、実際はかなり値引きされています。詳細は最寄りの販売店等に問い合わせてみてください。

モデル希望小売価格(税込)
ルミナイアー XP12,200,000円
イノヴィス VF1 803,000円
イノヴィス VS 638,000円
イノヴィスNX2700D 437,800円
イノヴィスNX2500D 415,800円
ソレイユ LA 327,800円
ファミリーマーカー FM2000D 203,500円
パリエオープン価格

刺繍ソフトとバラ売りデータ

ジャノメの刺繍ミシン(家庭用)

続いて「ジャノメ」です。

ブラザー同様、世界的にも大きなシェアをもつジャノメは、同じく豊富なラインナップを提供しています。刺繍データをダウンロード出来たり、刺繍ソフトを使ってオリジナルデータを制作することも可能です。

また、ジャノメの刺繍ユニットはミシンの後方に付くため、フリーアームの状態で刺繍ができる機構となっています。後ほど紹介する職業用ほどではありませんが、筒状のもの(完成品)への刺繍に便利な設計です。

ラインナップ

こちらが現行モデルのラインナップ。

金額は比較用として載せていますが、実際はかなり値引きされています。詳細は最寄りの販売店等に問い合わせてみてください。

モデル希望小売価格(税込)
セシオ 14000704,000円
ハイパークラフト 1500682,000円
セシオ 9900Pro434,500円
セシオ 9720P379,500円
ハイパークラフト 900308,000円
ハイパークラフト 850294,800円
メモリークラフト 400E231,000円

ソフトとバラ売りデータ

  • 刺繍データ販売サイト:刺しゅうのひきだし
  • 刺繍ソフト:Artistic Digitizer(アーティスティックデジタイザー)

2、おすすめ刺繍機(職業用)

ここからはビジネス展開も可能な職業用のおすすめラインナップ。

「工場みたいに一日中動かす程ではないけれど、刺繍に特化したマシンが欲しい!」という方向けの商品です。

ちなみに予算は60万円程度から100万円を超えるくらい。ただし刺繍専用機ですのでデータがなければ動かすことが出来ません。つまり刺繍ソフトも合わせて購入する必要がるのでそのことも頭に入れておいてください。

職業用のミシンメーカーは下記の4社辺りから探すのがおすすめです。

職業用クラスの刺繍機
  • ブラザー
  • ジャノメ
  • ハッピージャパン
  • タジマ

まず先ほど紹介した「ブラザー」と「ジャノメ」。こちらは家庭用だけでなく業務用に特化した刺繍ミシンもあるんです。

シンガーブランドで知られる「ハッピージャパン」にも職業用刺繍機のラインナップがあります。

さらに工業用刺繍機で世界No.1と言われている「タジマ」。こちらは「彩/SAI」というモデルで参入しました。

ブラザーの刺繍ミシン(職業用)

職業用というジャンルでいち早くリリースをしたブラザーは、業務用としていろいろな進化を遂げてきました。ハイエンドになると針数が増えるだけだけではなく、ライブカメラなど機能面でも強化されています。

ちなみに針は家庭用の専用針で自動針穴糸通しなどが使えます。この辺りにも初心者の使いやすさを重視したブラザーさんのコンセプトを感じますね。

刺しゅうプロやネームプロなど、用途に応じたソフトも用意されていますので、初めての方でも入門しやすいでしょう。

ラインナップ

こちらが現行モデルのラインナップ。

家庭用刺繍ミシンの場合中古というのはあまりおすすめしませんが、業務用については頑丈につくられていますので中古を探すのもありだと思います。(少し前のバージョンのものも流通しています)

ただブラザーの場合、解体してグリスアップなどのメンテナンスは必要です。

モデル希望小売価格(税込)
PR1055X(10針)1,485,000円
PR670E(6針)962,500円
VR100(1針)547,800円

ジャノメの刺繍ミシン(職業用)

ジャノメ職業用ミシンの特徴は何と言ってもコンパクトなところ。出来るだけ設置スペースを取りたくない方には特におすすめです。小さいとはいえ、ボールベアリングの採用など耐久面はしっかり強化されています。

また、1.4倍釜を採用し下糸が40%余分に巻ける工夫や、アレンジ性の高い工業用針を採用しているのも魅力でしょう。

ちなみに刺繍ソフトは「アーティスティックデジタイザー」が用意されています。

業務用クラスになると専用枠も複数揃えたくなりますが、そういう時に多彩なタジマの刺しゅう枠がそのまま使える点も嬉しいです。

ラインナップ

こちらが現行モデルのラインナップ。

ロゴやデザイン刺繍などもしたい方はMB-7がおすすめです。NS-40はネーム刺繍機として、ネームソフトJNES(NS-4)が付属します。

モデル希望小売価格(税込)
MB-7(7針)880,000円
NS-40 (4針)858,000円

ハッピージャパンの刺繍機(職業用)

刺繍機

家庭用ではシンガーブランド、工業用ではハッピージャパンのブランドで世界へ輸出されています。高性能ながらコンパクトでお値打ち品という事で、世界でも人気の高いメーカーです。

ほとんどのミシンブランドは、安価なモデルを台湾などで海外生産していますが、こちらは安心の日本製(山形)。鋳物屋で培った技術が継承されており、とにかく頑丈と定評の高いメーカーです。

職業用クラスであればコストパフォーマンスも考慮して個人的にはイチオシです。

ラインナップ

こちらが現行モデルのラインナップ。

価格はオープン価格ですので下記は参考価格と思ってください。

「HCH-701-30」と「HCH-701P-30」の違いは、見た目はほぼ同じですが、耐久性や生産性が大きく向上しています。Pは工業用にも匹敵する性能ともいえるでしょう。

モデルオープン価格(税込)
HCH-701-30(7針)715,000円(参考)
HCH-701P-30(7針)825,000円(参考)
HCS2-1201-30(12針)968,000円(参考)

タジマの刺繍機(職業用)

刺繍業界では世界でもトップシェアを誇るタジマから新たに登場した職業用ミシン。耐久性・生産性は(工業用に比べ)抑えながらも、操作性を重視したシンプルなマシンです。

こちらは「ライタープラス」というソフトが付属します。プロのデジタイザー向けではありませんが、ソフトを持っていない方にとっては嬉しい特典ですね。

下記で紹介する工業用に比べると性能は抑えられていますが、何はともあれタジマブランドというだけでも、候補に入れる価値はあるでしょう。

ラインナップ

こちらが現行モデルのラインナップ。

個人店・作家などの需要に応える目的で新たに開発された職業用刺繍機MDP-S801Cは「彩(SAI)」という名称で2017年リリースされました。

モデル希望小売価格(税込)
MDP-S0801C(8針)957,000円

3、おすすめ刺繍機(工業用)

工場などで使用されている刺繍機は、日本のメーカーが世界でも多くのシェアを持っています。それこそ体育館のように広いところに、何台も刺繍機が並んで一日中稼働しているわけですからね。圧巻の光景です。

ところで工業用刺繍機の中には、トレーラーで運ぶような大きなもの(多頭機)から、デスク一個分くらいの単頭機までいろいろなタイプがあります。もとよりカスタマイズ性の高さが工業用刺繍機の特徴。とことん用途に合った選び方ができます。

個人で選ぶならば、単頭機からのチョイスで間違いないでしょう。

メーカーは下記の4社が代表的ですが、日本メーカー(上位3社)はどれも優秀です。

本格ビジネス展開向けの刺繍機
  • タジマ
  • バルダン
  • ハッピージャパン
  • ZSK

何れもエントリーからハイエンドまでいろいろなラインナップがあり、針数などをはじめとするバリエーションも多岐に渡ります。それぞれに優れた特長があり、一つ一つ上げるとキリがないので、私が個人的に欲しいと思っている一台について紹介させてください。

タジマ TMEZ-SCシリーズ

タジマの単頭機のハイエンドモデルで、とにかく世界初の機能が満載の一台。新しいもの好きなわけではありませんが、便利になるのは良いことですからね。

刺繍機を使っていて一番面倒なのが「糸替え作業」と「糸調子合せ」ですが、この最新モデルは全自動で上糸調整をしてくれます。素晴らしすぎです。

実際、これを導入した方が「金色糸の注文を請けるのも苦にならなくなった」と仰っていました。現物も見てきましたが、いつかは欲しい憧れの刺繍機です。

コメント