Wilcomの刺繍ソフト販売・サポートについて

プログラムスプリットとは?ミシン刺繍ならではの装飾的な面縫い

プログラムスプリット刺繍ソフト
やまもと
やまもと

こんにちは。糸の帆(itonoho)のやまもとです。

今回紹介するのはWilcom EmbroideryStudioの「プログラムスプリット」です。 刺しゅうPROでは「プログラムタタミ」と呼ばれている機能ですね。

サテンやタタミはそのまま使うと単調なデザインになりがちですが、プログラムスプリットを使えば誰でも簡単に趣のある埋め縫いが楽しめます。

プログラムスプリットは 「ESデザイニング」 に標準搭載されています。ちなみにより高度な設定が出来る「ユーザー設定スプリット」は「アドバンス(AD)」から標準搭載です。

プログラムスプリットとは?

プログラムスプリットとは、針落ちで特定のパターンをタイル状に並べた埋め縫いのことです。連続した模様を作るイメージですね。

もともと刺繍ソフトにあるパターンを使うだけでなく、自分で作成することも出来るのが面白いところ。

日本のミシン刺繍はまだまだ平凡な埋め縫いが多いですが、海外ではもっとデザイン性の高い刺繍が流行っていますよね。プログラムスプリットも上手く活用していきたいところです。

プログラムスプリットで刺繍の雰囲気が大きく変わる

例えばこちらの刺繍。

プログラムスプリット ワニ
上:プログラムスプリット 下:サテン

プログラムスプリットを使ってワニの鱗を表現してみました。通常のサテンと比べて雰囲気が出ますよね。こんな感じで、単調になりがちな面縫いに対して、ボタン一つで模様を付けられる機能となっています。

全体に使うというよりも、デザインの強調したい部分に使うのが良さそう。アイデア次第でいろんな使い方が出来そうです。

ちなみに文字にも使えます。

プログラムスプリット 文字

刺繍データ上で見るとけっこうボコボコしてて厚みが出そうですが、実際に縫ってみると意外と平らに収まります。ちょっとアクセントが欲しいときや、模様を出したい時にはまず初めに試してみたいですね。

パターンは細かい調整も可能

Wilcom ES プログラムスプリット
Wilcom EmbroideryStudio

パターンの見た目は細かく調整することも可能です。

コンビスプリットによりサテンとタタミの組み合わせを変更したり、縦横列の間隔も調整できます。その他細かい設定もあるので、実際に数値を弄りながら確認してみてください。

また、他の機能と組み合わせることもできます。

プログラムスプリット フローティング効果
プログラムスプリットにフローティング効果を使用

こちらはプログラムスプリットにフローティング効果を組み合わせた例。上手く活用すれば、より面白い表現が出来ますね。

いろいろな組み合わせを試しているうちに独自のデザインも見えてくるでしょう。

自分で独自のパターンを作ることも可能

それでは最後に自分で独自パターンを作ってみましょう。

Wilcom EmbroideryStudioの場合は、パターン化したいデザインを作り「オブジェクト」→「プログラムスプリットを作成」で簡単に作れます。

プログラムスプリットを作成
プログラムスプリットを作成

今回は「01」という名前で登録しておきます。

ちなみに、パターンに使用したいオブジェクトは複数選択も可能です。オブジェクトを組み合わせたデザインを作ったら、それを全て選択しプログラムスプリットを作成しましょう。

独自パターンのプログラムスプリット

ご覧の通り、先ほど作った「01」がプログラムスプリットパターンの一覧に保存されました。一度作ってしまえば、使いたい時にいつでも呼び出しができます。

独自パターンのプログラムスプリット

連続した模様の埋め縫いを作りたい時はぜひ活用してみてください。

より高度な設定ができる「ユーザー設定スプリット」

鯛の刺繍 ユーザー設定スプリット

より細かい設定がしたい方には「ユーザー設定スプリット」もおすすめです。こちらはオプション(アドバンス以上で標準搭載)になりますが、自在に針落ちを操れるようになります。

埋め縫いに対して自在に好きな表情を描けるので、使いどころも多いと思います。

付属の機能紹介は下記の記事をご参照ください。

コメント