Wilcomの刺繍ソフト販売・サポートについて

ミシン刺繍の始め方!できる事と必要な道具まとめ

刺繍ミシン刺繍のやり方
やまもと
やまもと

こんにちは。糸の帆(itonoho)のやまもとです。

ここではミシン刺繍の始め方をまとめました。

例えば、身の回りの小物類や子供のグッズなど、自分で刺繍することができたら楽しいですよね。最近はフリマ等で販売している商品に、サービスで名入れをしたりするのも流行っています。

実は私の周りにも「ミシン刺繍を始めてみたい!」という方は沢山いらっしゃいます。

当サイトでは、これから始めてみたいという初心者に向けて「ミシン刺繍の基本」を紹介しています。

趣味の世界はもちろん、小規模ビジネス用としても役立てていただけたら幸いです。

ミシン刺繍って難しいの?

刺繍ミシン

刺繍は大きく「手刺繍」と「ミシン刺繍」の2種類に分けられます。どちらが難しいのかと聞かれても答えは人それぞれ。どちらにも違った難しさがあります。

手刺繍は低コストで始められますが、なかなか根気のいる作業ですし技術やセンスも必要。機械では出せない温かみが魅力で、熟練したプロの作品には目を奪われるものがありますよね。

一方ミシン刺繍は、枠に生地をセットしてボタンを押すだけ。あとは勝手にミシンが動いてくれます。ある意味、縫製が苦手な方でも扱えるというのがミシン刺繍の良いところでしょう。

機械ならではの精巧な刺繍が可能で、オリジナル刺繍を始めると一気に楽しみも広がります。もちろん設備投資や知識も必要ですが量産も可能です。

どちらも非常に奥が深く、初心者から上級者まで幅広く楽しめます。

ミシン刺繍はどんなものに刺繍できるの?

刺繍機

私たちの身の回りでは様々なものに刺繍が施されていますが、その大半はミシン刺繍によるものだと思ってもらって構いません。

かといって、刺繍ミシンを買えばそれら全てが出来るようになるかというと、そんなに単純な話でもありません。購入する刺繍ミシンによって出来ることが変わってきます。

刺繍ミシンの種類によって出来ることが変わる

例えば、帽子(キャップ)、靴下、野球グローブなどへの刺繍は、全て工業用刺繍機の「専用枠」を使って作られています。つまり、そういった”完成品”への刺繍がしたい場合は、職業用~工業用クラスの刺繍機を購入する必要があるというわけです。

工業用刺繍機で出来ること
  • 皮革製品など厚物への刺繍
  • 帽子(キャップ)、靴下、バッグなど完成品への刺繍
  • ビーズやサガラなど特殊な刺繍

一方、家庭用刺繍ミシンの場合は、刺繍できる範囲がそれほど広くなく、さらにセットできる枠の種類も限られてきます。ですから実際に刺繍アイテムを作る時は、あらかじめ生地に刺繍をしてからそれを自分で縫製するという使い方が主流です。

とはいえ、家庭用の刺繍ミシンは通常の縫製もできる優れもの。これ一台で布製品作りまで楽しむことができるのは魅力的ですね。

家庭用刺繍ミシンで出来ること
  • 入園・入学グッズへの名入れ刺繍
  • ハンカチへのワンポイント刺繍
  • お洋服への刺繍
  • 通常の縫製も可能 etc.

「家庭用」「職業用」「工業用」の違いは、下記の記事で詳しく解説しているのでご参照ください。

ミシン刺繍はオリジナル刺繍も出来るの?

オリジナル刺繍

ちなみに、ミシン刺繍でオリジナルの刺繍をするには「刺繍ソフト」も必要です。

刺繍ミシンは、「刺繍データ」を読み込むことでそのデザイン通りに生地や針を動かす仕組みになっています。そのデータを作るのが刺繍ソフトの役割です。

オリジナル刺繍には刺繍ソフトが欠かせない

刺繍ミシンにはあらかじめいくつかのデータが内臓されていますし、オリジナルデータの作成・販売をしている方もいらっしゃいます。(私もやってます)

とはいえ、自由にデザインしたいのであれば、刺繍ソフト購入して自分で刺繍データを作るのがベストでしょう。(もちろんデータ作りにも知識と技術が必要です)

ちなみに刺繍ソフトの価格はピンキリですが、安いものでも10万円ほどする高価なものです。無料のソフトもありますが、正直扱いづらく人を選ぶのが現状…。

刺繍ソフトがあれば、ミシン刺繍の楽しみ方の幅が一気に広がるのでぜひチェックしてみてください。

ミシン刺繍に必要な道具は?

最後にミシン刺繍に必要な道具をまとめておきます。

大まかに分ければ「刺繍ミシン」「刺繍ソフト」「その他材料」の3つでしょう。

それぞれの選び方も別の記事にまとめておきましたので、より詳しく知りたい方は合わせてご覧ください。

1、おすすめの刺繍ミシン

刺繍ミシン

まずは何といっても「刺繍ミシン」です。家庭用の安価なタイプから、職業用、工業用までいろいろな種類があります。

趣味で使用するなら家庭用の刺繍ミシン一択。販売目的で使用するなら職業用~工業用クラスを選べば概ね間違いありません。

しかし、最近は200万円もする家庭用刺繍ミシンが販売されるようになり、その垣根が崩されつつあります。一般的な職業用刺繍ミシンが100万円程度ですから、どっちの性能が上なのか、初心者にはより見分けが付きづらくなってきました。

さらに、代理店も特定のメーカーしか置いていないことが多いので、お店で相談しながら比較して購入することも難しいです。自分がやりたい刺繍を明確にした上で、どんな種類の刺繍ミシンがあるかをリサーチしておかないと後で必ず後悔します。

下記の記事にて、用途やレベルに応じたおすすめ刺繍ミシンを紹介しています。こちらを読んだ上で迷っている方がいらっしゃいましたら、可能な範囲でご相談にも乗らせていただきます。

2、おすすめの刺繍ソフト

刺繍ソフト

続いて「刺繍ソフト」です。こちらも種類が豊富で、初心者はどれを選べば良いか迷うところ。

刺繍ソフトの場合はそのほとんどが海外製で、ネットでも情報がほとんど出ていません。趣味の範囲でしたら無料で使えるフリーソフトという選択肢もありますが、言語が英語ということやその他難点がありハードルが高いです。

ちなみに日本で初心者に最も売れている刺繍ソフトは、brother(ブラザー)の「刺繍プロ」。

ただこうしたソフトでサンプルにあるような美しいデータを作るのは簡単ではありません。販売目的となるとどうしてもワンランク上のソフトが欲しいところですね。

こちらも下記記事にて詳しい選び方をまとめておいたので参考にしてみてください。

3、その他必要な材料

ミシン刺繍糸

最後にその他必要な「材料」です。ミシン刺繍は、刺繍ミシンや刺繍ソフトには初期投資が必要ですが、あとのランニングコストは大したことありません。

糸や接着芯など必要なものは多いですが、あとから必要に応じて補充するだけでOK。使用する生地によって刺繍しやすさが変わったりするものの、ここは追々勉強していけば良いところです。

その他あると便利な道具や、その使い方も紹介しているのでぜひご覧ください。

コメント